AFRIRAMPO"Urusa In Japan"/あふりらんぽ『うるさいんじゃぱん』

b0054059_1810784.jpg

 しまったしまった。1ヵ月以上も写真しかアップしていなかった。写真だけは早々と3月から掲載していたのに、何だかんだで日付をズラしまくって、気づけはもう彼女達の新作の発売日じゃんか……ああ。

 というわけで、只今絶賛爆発中、国内外のロックファンを日々震撼させまくっているあふりらんぽ。彼女達の存在を知ったのは今年の冬のこと。仕事先で編集者のコと話していた時に、「凄いのがいる」と教えてもらったのが彼女達だった。変てこな名前だなぁー。関西で女のコ2人組かー。へぇ、聞いてみようかなー。しかも、“凄いのがいる”と聞いて、そのままにはしとけない性格なので、すぐに音源を取り寄せて聴いてみることに。すると、まあ何と素晴らしい! 写真だけでも十分のインパクト。何かしでかしそうなオーラがぷんぷんじゃんか。が、正直言って、音はそれ以上の衝撃。90年初頭に初めてBOREDOMS を観た時のことを思い出すくらい、「何じゃこりゃ!」の世界だったのである。いやほんと、“凄いの”がいた。

 到着したのは、今月27日にリリースされた13曲入りのアルバム『Urusa In Japan』(CD+DVD)。まず、曲名を見てみよう。

1 ドドドド
2 あかんこのまま帰さない
3 オニピカハート
4 ちょっととまってくださいよ!
5 アートブレイコー
6 HARITATENO GEn DID CUT!
7 生意気うさぎ
8 サンダー
9 In The Space Night
10 せーの
11 CAVA
12 テレパシー
13 あふりらんぽ

 と、これだけじゃ、分からないと思うけれど、まず1曲目は「ド」しか言ってなかったりしてとてもユニーク(「最後は「どすこい!」で締め括られているけれど)。その他の曲では、「なんで帰んねん!」「私 爆発! いつも 私 頭 爆発してます!」「ちょっととまってくださいYO!!」「アホになる おまじない アッ! アッ!」「張りたての弦が切れた! うわぁーーーー!」「せーの!」(しか言ってない曲もあり)「ぶっとばせー! かっとばせー 千本ノックだ! あぷりらんぽ! ぽぽん! 今日もGo! 明日もGo! Go Go Go Go のあふりらんぽ! ぽん!」といった具合で、字面は結構脱力系だったりする。が、彼女達の作品においてそれらの歌詞は歌詞として成り立ってないみたいに、まず音としての面白味があるのだ(半分くらいは、シャウト&スクリーミング)。言葉は音符の1つにすぎない。歌も音の1つにすぎない。ほんとそんな感じ。歌詞カードをじっと読んでいくと、意外と興味深かったりするし、意外と(失礼)メッセージも入っているんだけれど。

 彼女達のテーマソングとも言えるその名も「あふりらんぽ」。その曲の♪千本ノックだあふりらんぽ♪♪4つのつり目の2メスと言ったら ピカチュウとオニの あふりらんぽ あなたの街にでかけて ゆきます! いつでも呼んでね あふりらんぽ!♪というフレーズが耳に入った時なんか、あまりのインパクトにほんと目眩がしたくらい(笑)。ギター&ドラムだけで生み出される壮絶銀河系ロック、はたまたジャングル系ロックとも言うべきこの音、機会があったらぜひ体感すべき! そこには、私の大好きな岡本太郎先生が残した名言「芸術は爆発だ!」を思い出させる音世界があり、草間弥生のアートに通ずるパッションがある。

 せっかくなので、もう少し解説を加えておこう。あふりらんぽとは? 大阪在住のオニ(Vo&G)とピカ(Vo&Dr)の2人組バンド。ちなみに20歳。これまでに、ギューンカセットからアルバム1枚、自主レーベルからアルバム1枚をリリース。昨年のアメリカツアー中、NYで彼女達のライヴを観たサーストン・ムーアが衝撃を喰らい、SONIC YOUTHのオープニングアクトに抜擢されたそう(日本と欧州のツアーで)。あ、ちなみにレコ社が作成したプレス資料には、サーストンの他に、あふりらんぽに一撃を喰らった人達として、ジム・オルークやヴィンセント・ギャロの名前もアリ。

 3月のSONIC YOUTH来日公演、うちの近所のUFO club公演も、残念ながら仕事で行けずじまい。だからこそ、6月3日のワンマンイン東京公演こそはぜひ。私は今から息巻いとります。
♪アートブレイコー! 今日はブレイコー! 明日はブレイコー! 一生ブレイコー!
うちらはブレイコー! 彼氏のブレイコー! 地球もブレイコー! むちゃくちゃブレイコー!♪

 ほっんと頭の中を空っぽにして観たい/聴きたい音楽だな、こりゃ。


b0054059_17241795.jpgアルバム『URUSA IN JAPAN』
4月27日発売

2005.04.27 Release!! Ki/oon Records
KSCL 773-4 \2,940
(※初回限定仕様-CD+DVD!!)
KSCL 775 \2,520(※通常盤-CD)

FUJI ROCKやRISING SUN ROCK FESTIVALの出演も決定した模様。
公式web siteはこちら。
[PR]
by shoutsistershout | 2005-04-30 17:08
<< GOBUSATA-TONMA/... THE PORTUGAL JA... >>