<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

YOUNG PARISIAN

b0054059_2331525.jpgPhoto COMIC
 巷で話題のグラムバンド、YOUNG PARISIANの取材で、フロントマンのTsuneglam Samさんと会う。2月28日に彼らのデビューアルバム『YOUNG PARISIAN ヤングパリジャン その素晴らしき世界』がTIME BOMBからリリースされるため、DOLL誌でのインタビュー。光栄なことに、随分前からツネさまに「インタビュアーをやってね」と言われていたので、この夜は心を弾ませて取材場所の下北へ行って来た。約1時間、バンドのいきさつやツネさまに関するあれこれ、新作についてのコメント……面白いお話をたくさん聞いていたのだが、ページの都合上、だいぶカットしなきゃならなくなりそう。可能であれば、こぼれ話をこちらで掲載するかも。肝心のDOLL誌の発売日は2月1日(のはず)。

b0054059_1137526.jpgYOUNG PARISIAN
デビューアルバム
『YOUNG PARISIAN 
ヤングパリジャン その素晴らしき世界』
TIME BOMB
BOMB CD-77
2月28日発売

<収録曲
1.GLITTER SATELLITER
2.MOONAGE SEX
3.LOVE CALL SPANGLE
4.BOOGIE BOOTS
5.FOXY MAGIC
6.ALL THE CHILDREN BOOGIE
7.FLASHY GIRL
8.GLAMOUR TOKYO
9.YOUNG PARISIAN NO THEME (坂本慎太郎)
10.ROCK OF AGES (JOBRIATH)
11.SWEET & HOT song for prambath
12.SPARK

※11曲目は、PRAMBATHヘ捧げた曲です!

<ライヴスケジュール
1月15日(日) 新宿 紅布 red cloth
DECKREC PRESENTS「 ROCK'N'ROLL FAN CLUB Vol.17 」
w/ the Mighty Moguls, 毛皮のマリーズ, the OUTS, Chocolates
Open 18:00 Start 18:30
Adv ¥2,000 Door ¥2,500
前売り予約⇒rocknrollfc@hotmail.com
紅布 red cloth→03-3202-5320

2月11日(土) 下北沢SHELTER
「 Detroit Action Vol.1 」
w/ the THUNDERROADS, FIRESTARTER, Chocolates

3月18日(土) 下北沢SHELTER
「 YOUNG PARISIAN 1st Album release Party 」
※詳細未定

4月8日(土) 心斎橋PIPE 69
「 HOUSE ROCKIN' 」
※詳細未定

 振り返れば、ツネさま(普段はそんな呼び方はしないけど)とも長いお付き合い。私が『Indeis Magazine』誌のエディターをやっていた頃、よくお仕事をしたし、何つっても、私は彼のコラムの担当編集者だった(懐)。思えば、BELTERS★に引き合わせてくれたのも彼だ。98年? 99年? 下北沢シェルターの階段で、私は初めてドラマーのさっちゃん(元BELTERS★)と出会ったんだっけな。しかも、あれは、the MUFFS公演の時だったっけ……時の経過は本当に早い。

 そんなツネさまとさっちゃんは、3月頃に別プロジェクトのライヴをやるとか何とか(2人だけじゃなかったはず)。今のところ、限りなく不確かな情報だが、後日正確なインフォメーションをアップしときます。スミマセン! 前回見逃しているし、次回こそは!

web siteはこちら!b0054059_1265426.jpg

追記:上はトップじゃないようです。こちらへ! ツネちゃん、スミマセン!


←Tsuneglam Samさん!

[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-27 23:23

the Simpsons"TONIGHT TONIGHT TONIGHT"

b0054059_18314261.jpg
 ババちゃん、ごめん! だいぶ前にいただいていたのに紹介が遅れました……あ、でも、レコ発パーティの告知にはちょうど良かったかしら?(と言い訳)

 というわけで、the Simpsons。ヤング&ピュアなラモーンパンクトリオのデビューCDが今秋にリリースされた。ライヴのお馴染みソング、デモCDRにも入っていなかった曲で構成された全7曲。初期のラモーン(the QUEERSとか)エキスにthe BEACH BOYS汁を何滴か垂らしたような爽やさ、ポップさがナイスだ。チラっとthe DAMNEDっぽいフレーズがあったり、トミー→ギュウギュウ(from HEADBANGERS&the DISGUSTEENS)譲りのドラミングもまたグッド。ってな作品だ。どこでも購入可能ってわけではないようだが、現在では、SUBURBIAWORKS、RECORD SHOP BASE、ALLSTAR RECORDS、DUMB RECORDS(広島)、ディスクユニオン、彼らのwebsite(下記参照)やライヴ会場で入手できるそう。ぜひチェックされたし。

 ミニ情報:Sunny Records からってことだが、これは彼ら自身のレーベル。 ちなみに、アートワークはドラマーのチヨマくんが担当、この作品のエンジニア的な役割をしたのはギタリストのタクミくん。今回の紙ジャケットは、実は、彼ら自身が切って貼って作っているんだとか。ガンバレ!

b0054059_19572090.jpgthe SiMPSONS
"Tonight Tonight tonight"
Sunny Records
SNCD-005
1,000円

 b0054059_15393234.jpg そして、ライヴ情報。1月28日に、地元の柏で上記作品のリリースパーティを開催するそう。お近くの方、お近くじゃなくても興味のある方、ぜひぜひ参戦しよう! いい感じのバーらしいですぜ。って言いながら、私は行けない可能性が大。スミマセン!

web siteはこちら!
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-26 18:30

LUV the ROMANES!!!

b0054059_23193924.jpg the SPAZZYSジャパンツアー最終日の一番バッターを務めたラモーナ3人娘、ドキドキのライヴ本番の5分前の図。「緊張してます〜っ!」と言いつつ、カメラを向ければ、もうこの通り! 
 ライヴの様子は下記の写真の通り。彼女達を紹介してくれた“有名オーディエンス”ラモーン氏が言ってたように、“気合い”の一言に尽きるライヴを堂々と披露。the RAMONESの楽曲に(全曲カヴァーってことです)日本語の歌詞を乗せているのだが、うまく言えないが何もかもが凄い。演奏そのものは結構粗削りだが、ぐいぐい引き寄せられるのはなぜなんだ? パワー? やっぱり気合い? でも、その気合いも汗臭いというよりは不思議とポップなのがユニークだ。70年代に初めてthe RAMONESを観た人々が「何じゃこりゃ!」「凄い爆音だなぁ!」って仰天するサマを、雑誌や映像なんかで見聞きしてきたが、その人達が観たものって、彼女達のライヴのようなものだったのでは?なんて、推測してみたりする。

 写真を撮りながら、彼女達にあーだこーだと話を聞いてみたのだが、the ROMANESは3年くらい前に何となく集まった仲間(同級生だったり、地元友達だったりするらしい)で、今年辺りからちゃんとした活動を始めたばかりなんだとか。楽器を手にしたのもその頃、なのだそう。この鉄砲玉のような勢いに、私はとにかくゾクゾク! 来年、何かやってくれそうな、キュートなこのラモーナ達には期待大だ。

b0054059_17492533.jpg こちらの写真にムム〜ッ!と来た方、迷わず“ロマーンズの劇場”を見よ! Let's Go!
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-25 23:19

Happy Holidays!

b0054059_15241538.jpg 大寒波で日本列島も大荒れですね。意外と東京では、雪のゆの字も降ってませんが、PRAMBATHのイサドラ嬢からも、レコ発&the SPAZZYSツアーの大阪近郊の公演は大変だった(交通機関が大乱れで)と聞かされ、ただただ驚いてます。大阪周辺のライヴも盛況だったようで、人ごとながら自分の出来事のように安堵してます。

 さて、今日はクリスマス・イヴですね。クリスチャンの学校へ通っていた経験があっても、別にクリスチャンでもないあのですが、ケーキだけは食べる予定です(今年は初めて“お取り寄せ”をしてみました)。いつもここを読んで下さっているみなさんも、楽しいひとときをお過ごし下さいませ〜♪ 体調不良のままthe SPAZZYSのジャパンツアー最終公演へ行き、楽しすぎたゆえにビールを3本も空けてしまったっため、また少しダウン気味。この連休は特におとなしくしていようと思います。来年は、もっと自己管理のできる大人の女性になりたいですね(切望)。
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-24 15:35

@oh lala in Koenji

b0054059_2210171.jpgb0054059_22105657.jpg
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-23 22:11

@BARNHOMES Records in Nishi-Shinjuku

b0054059_141683.jpgb0054059_1552649.jpgb0054059_1555779.jpgb0054059_1562131.jpg
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-21 14:14

bali barret new collection!

b0054059_20301251.jpg ファッション界はもう春〜初夏! というわけで、バリバレの次期コレクションを観に展示会へ行って来た。今回は、バリバレの住んでいるパリがイメージ。もっと具体的に言うと、ジェーン・バーキンとゲンズブールという伝説のカップルがホットに過ごしただろう“70年代のパリっぽさ”が主軸になっているそうで、プレスルームも何だかそんな雰囲気がぷんぷん(センターには、ピアノもどーんと置いてありました)。1歩踏み入れた瞬間に、その甘みにすっかりヤラれてしまった。

 洋服のラインそのものは、バリバレらしいシンプルなもの……つうか、ジェーン・バーキン自身、そうっすね。以前、プレスの今泉嬢がおっしゃっていたが、「シンプルだからこそ、その人のキャラでどんなスタイルにもなる」、シーズンごとに若干の雰囲気は異なるが、バリバレの基盤はまさにそこ。「ああ、あのスカートいいなぁ……」「ああ、これも!」……という誘惑と戦いながら見ていただのが、もう我慢できずに、サンダルを予約! 古着屋で売っているような(つまり、60〜70年代風デザイン)な現行のサンダルを見つけてしまったからしょうがない……古着屋においてあるのは、現代人の私にはあまりに小さすぎて(昔の女性は、ほんと小さな、カワイイ足だったのですねぇ)。これで、来年の夏はピカピカの靴を履いて街を歩けそう。ライヴハウスには……ちょっと履いけないなぁ、人ごみの中、踏んづけられそうで(笑)。

b0054059_20303540.jpg b0054059_2032637.jpg
 天井にはミラーボールまで! 「四角いミラーボールにして!」というバリバレの強い要望で、必死にスタッフの方が探したそう。む? 普通は丸い? と思って、この展示会の翌日、kiiiiiiiのライヴでクアトロに行ったら、天井にミラーボールが。じいいーっと見たら、ほんとだ、全部丸い素材だ! 70年代は、ミラー1つ1つが四角いんだそうだ。知らなかった。ちなみに、このミラーボールはプレスルームの“マイ・ミラーボール”だとか。今度イベントで使用することがあったら、ぜひ貸して下さい〜(笑)。

b0054059_1573382.jpg でもって、いろんなところでセールが始まる年末年始。バリバレでは、来年お正月2日から、お待ちかねのセールがスタートするそう。あの革のスカートはいくらになるんだろ?
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-20 20:28

Koenji Crazy Party on a YAKATA-BUNE

b0054059_22161932.jpg
 私が高円寺で主宰しているパーティで忘年会を開催。年末スペシャルということで、隅田川の屋形船に乗って来た。秋に行なった高円寺パーティの席で“船上パーティ”が話題に上り、何かの拍子で「屋形船っていいねー」→「え、じゃ、年末乗っちゃう?」→「いいねえ!」→飲みの翌日には問い合わせ。ってな感じでトントンと話が決まって本日を迎えたというわけ。意外とみんな乗ったことのない屋形船、参加者のほとんどが「私、初めて〜」てな感じで(私自身も)、船に乗った瞬間からみんな若干ハイテンション。いざ、出航の際も、「わー、動いた!」と誰かが言えばみんなが「オオッ!」とレスポンス、移動中も誰かが「東京タワーだ!」といえば「オオオオッ!」とリアクション、「わー、レインボーブリッジだ〜!」「オオオオオオオオオッ!」、「鳥だ!」「オオオオオオオオオッ!」「ト〜リ〜っ!(と叫ぶ)」……みたいな感じで、みなさんの興奮は高まるばかり。しかも、屋形船では飲み放題、みんなお酒のペースも早い早い。というわけで、テンションがぐいぐいぐいぐい高くなっていっていた参加者一同。小さな2人のキッズの歌が終わるたびに、パンクバンドのライヴ?ってなくらいの大歓声……船上では、飲み会がいつも以上、いつもの100倍は楽しかった。

 「えー、もう終わり?」ってくらい短時間で終わってしまうのが何だが、それでも存分にエンジョイ。トップの写真は、船上の宴を惜しみながらもまだまだハイテンションの参加者全員! 今度はまた季節を変えて屋形船に乗り込もう。ちなみに、冬場は予約しやすいそうですぜ。

b0054059_1942310.jpg写真上:分からないかもですが、中央に東京タワーが見えます。

写真中央:屋形船にやたらとついてきていた海の鳥。カモメじゃないね。

写真下:幻想的な満月に一同ホレボレ〜。b0054059_19422292.jpgb0054059_19424971.jpg
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-19 22:16

the SPAZZYS Japan Tour 2005 @Shinjuku redcloth

b0054059_14193266.jpg オーストラリアのポップパンクトリオ、the SPAZZYSが、ついについに来日! 随分前から来日の噂を聞いていたので、本当にようやく、待ちに待ったジャパンツアーなのだ。これまでに見たレコードカヴァーの写真からも十分にそのキュートさが伝わっていたが、いやはや、実物はもっとカワイイ。



 別件の用事があったため、会場に到着したのは8時前後だったか。受付周辺で、まずメンバーを1人発見。VAMP!magazine ではissue2 ですでにインタビューを掲載していたこともあって、初対面とは言え、「わ〜! やっと会えた〜♪」感の方が強かった(特に、私は)。最初に出会ったルーシーは、「ワオ!」と言いながら感激して、「キャットに言わなきゃ」と言っていたっけ(笑)。キャットはルーシーにそっくりだろうし(2人は双子姉妹)、判別できるかどうか若干心配だったが、意外と彼女達は雰囲気が違ってて、「あれ、どっちがキャット?」なんて混乱することはなかった。写真で見る限り、いかにも双子な雰囲気だった気がしなくもないが。

 終演後、DISGUSTEENSのベーシスト、下地くんと久々にビール片手にあーだこーだ喋り倒していた時、「ルーシーって、意外と“ライオットガール”然としているね」ってことで意見が一致。しかも、「ルーシーってL7みたいだね!」って言ってた下地くん、おお、いいとこ突いてる! そういえば、2000年当時、「坪内さん、絶対に好きだから!」って、私に初めてthe SPAZZYのことを教えてくれたのは、この下地くんだったのだ。あれからもう5年か……。ちなみに、アリスは、女優のクロエ・セヴィニに似ていると思う!

 で、L7。久々に言葉にしたバンド名。90年代前半に来日した時は、通し券を購入して連夜ライヴに行っていたもんだ。会場は確か、恵比寿ギルティだったと思うが、今でもよく覚えているのは、途中で酸欠になってしまい、メンバーが酸素ボンベで酸素を補給していたこと。しっかりした体型の持ち主、ドニータまでも酸素補給していたのが印象的だった(一方的な偏見でスミマセン!)。終演後、メンバー全員にサインもらって歩いたり……ああ、いい思い出。私が初めて渡米した94年にはロスでジェニファーとゴハンしたこともあったっけ。というのは、私の友人が友人だったからだったのだが、それも超懐かしい思い出。もう1つあった。恵比寿でL7を観た際に、ドニータが昔の『バットマン』のteeを着ていたのがあまりに可愛くって、目黒の古着屋で即購入したこともあったっけ。今も時々着ていて、「もう何のteeだから分からないよ!(笑)」といつも突っ込まれるが(だって、そもそも古着ですから!)、私にとっては大事な思い出の品、なのだ。

b0054059_1573785.jpg で、そうそう、the SPAZZYS。BBSに書いた通りで、演奏はちょっぴり粗めで、機材トラブルもあったりで危なっかしい部分もあったが、イイ曲とタフなマインドで見せている感じ。ってのが私の印象。終演後、メンバーは口を揃えて「ナーヴァスになってた!」って言っていたが、それでも結果オーライ。私が壇上脇でパチパチ撮影していた時にも凄く感じていたことだが(しかし、撮影しずらかった……何しろ、壇上脇というよりも、ステージと楽屋の境界線ギリギリのところで、人の出入りが激しくって立っていられないのだ!)、こうして目の前で、the SPAZZYSががつんとR&RしてくれているだけでOKなんだろうと思う。だって、オーディエンスのあの熱狂ったらなかったし、終演後にみんなが口々に「良かったね〜!」って言い合っていたんだから。それに、私達は、彼女達のR&Rが好きなんだから! ね? 次回の東京公演は、地方を回ってきた後だけに、さらに期待だ!
b0054059_15185298.jpgb0054059_15212447.jpg しかし、翌日地方に出るってのに、メンバー全員、意外と遅くまで飲んでいたっけ。みんな、お酒が強いのね。

 次回の東京公演は、12月22日(木)@新宿red cloth

 この日、ラモーンさん(R&R系のライヴハウスへよく行っている方なら知ってる有名オーディエンス!)から紹介された“小さなギャルラモーン”バンド、ロマーンズも出演の予定とかで(ロマーンズでいいんだっけ? 間違っていたら、後ほど訂正しておきます)、それも個人的には楽しみ。スペルは、the Romanes?? 楽曲はthe RAMONESだが、歌詞は日本語なんだそうだー。私もメンバーに入りたい〜(無理)。
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-17 13:57

“RAMONES Fan Club Japan”parka

b0054059_0331719.jpg ちょっと久々にthe RAMONES ファンクラブジャパンの会長ユキ氏と会う(卓球仲間でもある)。積もり積もった話をした後、こんな素敵な情報をいただいたのでアップ! the RAMONESファンは要チェック。そういや、来月にマーキ−が来ますな。前回から1年も経ってないような……。

では、以下参照。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

たくさんのリクエストにお応えして、約10年ぶりにFCオリジナルパーカー復刻版を作ります! 今回は、フルジップパーカー(前あきジッパー)で、フロント左胸に“RAMONES Fan Club Japan”、バックに旧パーカーロゴをプリントするデザインになります(デザインはFCサイトbbs画像を参照)。ボディのカラーは黒、プリントカラーは薄いグレーの予定。

なお、受注生産のため価格は枚数によって変動しますが、送料込みで4,500円程度を考えています。会員の皆様には、FC会員割引価格の約4,000円(送料込み)でご提供。申込枚数の制限はありません。

 ご希望の方は、

・お名前(フルネーム)
・希望サイズ(キッズL〜大人XLまであり)
・各希望枚数

を記入の上、12月20日までに ramonesfcj@yahoo.co.jp にメールください。

the RAMONES FC JAPANのweb siteはこちら!
[PR]
by shoutsistershout | 2005-12-16 01:16