the Complete Guide To Their Music Of NIRVANA

b0054059_11381717.jpg全曲解説シリーズ『ニルヴァーナ』
マーク・ペイトレス=著 
前むつみ、久保田祐子=訳
B6/160頁/定価1,260円
シンコーミュージック刊
2006年3月6発売


 カート・コバーンの命日が近いとあって、いろんな雑誌等でカートを見かける時期が今年もまたきた。そういえば、『エレファント』等を制作したガス・ヴァン・サント監督がカートに捧げて作り上げたという映画『ラストデイズ』公開も間近だ(もう観ました! が、この映画に関しては、また後日改めて)。
 そんな中、3月6日に発売されるのは、こちらの書籍。私がまだ編集者をしていた頃の上司だった方がこの本の制作に関わっていたこともあって、私自身もほんの少し参戦させていただいた。まだ実物は見ていないのだが、デビューアルバム『ブリーチ』から05年にリリースされた『スリヴ ァー〜ベスト・オブ・ニルヴァーナ+3』までの全公式アルバム収録曲を1曲1曲、丁寧に解説した 全曲解説本とのこと(基本的には翻訳モノ)。元メンバーのクリス・ノヴォゼリック、デイヴ・グロールのその後にも言及されているそうだ。ちなみに、シンコーミュージックでは、“全曲解説シリーズ” ということで、ニルヴァーナ版の後に、ザ・クラッシュ、レディオヘッド、ジミヘン、デヴィッド・ボウイverも発売される予定だとか。レッド・ツェッペリンやザ・ビートルズ編は、すでに発売されている。ご興味ある方は、ぜひチェックを!
[PR]
by shoutsistershout | 2006-03-05 23:36
<< TOP TEN ROMANES >>